活動報告【6月20日・オンライン/長野】トークセッション「長野県気候危機突破方針を読み解く」

【6月20日・オンライン/長野】トークセッション「長野県気候危機突破方針を読み解く」
トークセッションシリーズ

第1回は、総論として、
長野県気候非常事態突破方針を読み解く」と題して、
千葉商科大学の田中信一郎氏、また、
自然エネルギー信州ネットの理事でもある信州大学の茅野恒秀氏より、
突破方針の狙いと具体的な実現方法について伺いました。
オンラインからもチャットを含め、多くの質問があり、大変、有意義なものとなりました。
また、長野県ゼロカーボン推進室長の柳原健氏を始め、多くの県職員も真剣に質疑に参加する姿も印象的でした。

当日の様子は動画で見ることができます。

 

 

オンラインセミナー シリーズ構成


トークセッション「長野県気候危機突破方針を読み解く」シリーズ

長野県は、20196月に「長野宣言」。2019年末に「気候非常事態宣言」と「2050年二酸化炭素排出量実質ゼロ」を発表。
そして、非常事態を乗り越えるための具体策として、202041日に「長野県気候危機突破方針」を提示。
その意義と狙いについて各方面から探りながら、具体的な活動や政策に活かせるデータとアイデアを出します。

 

トークセッション・シリーズ「長野県気候危機突破方針を読み解く」


総論

長野県気候危機突破方針を読み解く※ 620日開催

 講師:田中信一郎さん(千葉商科大学)
 講師:茅野恒秀さん(信州大学)

1.持続可能なまちづくり

 豊かな自然と、実り豊かな農山村、賑わいのある街なか、それを次の世代に引き継ぐ。
 気候危機突破プロジェクト「脱炭素まちづくり」につなげます。

持続可能な森林  822日、829日、92日連続開催
 講師:池田憲昭さん(ドイツ・Arch Joint Vision社代表)

「持続可能な農村」

持続可能な街なか」 ※ 10月19日開催
 講師:村上敦さん(ドイツ・クラブ・ヴォーバン代表)
  田中信一郎さん(千葉商科大学)
  高橋伸英さん(信州大学)
  藤川まゆみさん(NPO法人上田市民エネルギー)

2. エネルギーシェア

「エネルギーを地域でシェアする社会インフラ(1)熱供給」

「エネルギーを地域でシェアする社会インフラ(2)交通・運輸」

「エネルギーを地域でシェアする社会インフラ(3)産業とイノベーション」

「エネルギーを地域でシェアする社会インフラ(4)地域新電力とエネルギー融通」

. 省エネルギー

「産業の省エネルギーポテンシャル」

「住宅・建築のパッシブでサステナブルで快適なあり方」

. 創エネルギー

屋根ソーラー100%を目指して。太陽光のあるべき姿※ 1024日開催
 講師:櫻井啓一郎さん(産業総合研究所)

「熱をどうサステナブルに得るか?」

「地域が支える小水力利用」

参加費:各回 500円~1,000円 (オンライン参加/会場参加とも)
 自然エネルギー信州ネット 正・準・行政会員・地域協議会会員、および、学生は、無料 

主催:(一社)自然エネルギー信州ネット、(一社)NECO

このシリーズの一部は、2020年度岡谷酸素太陽光発電所SUWACO Labo還元活用事業、
2020年度積水ハウスマッチングプログラム、
および、2020年度地球環境基金の助成を受けて開催します。