設立趣旨と主な活動

エネルギーの地産地消の時代に向けて 市民参加型の自然エネルギービジネスモデルを構築します。

自然エネルギー信州ネットは、2011年7月31日に設立されました。 自然エネルギーの資源が豊富な長野県ならではの「自然エネルギー普及モデル」をつくることを目的に、市民個人、市民団体、地域企業、大学等と行政機関がつながった協働ネットワークです。

● 自然エネルギー信州ネットの「協働」のイメージ

sign

● 自然エネルギー信州ネットの役割と活動

「計画する」「伝える」「育てる」

1.「地域協議会」における自然エネルギー事業モデルの構築を支援します。

○自然エネルギーに関する情報の共有・情報提供

○自然エネルギー事業モデル構築に必要な学びの場の提供

○自然エネルギーに取り組む地域間支援、連携の促進、ネットワーク化

○自然エネルギー事業実施にあたっての技術的支援

○行政に対する施策・制度の提案、行政等との連携による財政的支援

2.全県における自然エネルギー普及のしくみを検討、導入します。

○長野県内の自然エネルギービジネスを支援する枠組みの構築 

○長野県のエネルギーの地産地消を促すビジネスモデル事業化支援 

  自然エネルギー信州ネットは、「地域協議会」と連携して、 長野県の各地域での資源と人材を活かした 市民参加型のビジネスモデルを構築し、持続可能な地域づくりを目指します。 自然エネルギーに関心のある個人・企業など、 どなたでも参加できるフラットでオープンなネットワークです。 ぜひいっしょに、長野県での自然エネルギーの地産地消を推進していきましょう。

●主な助成・委託事業実績

・事業名、事業概要、実施年度、発注者等(自主事業の場合はその旨)

<自然エネルギー信州ネット>
発注者:長野県
2011(平成23)年度『自然エネルギーの普及モデル構築等委託業務』長野県
2011(平成23)年度『自然エネルギーの普及モデル構築等委託業務』長野県
(信州エネルギー地産地消プロジェクト事業(拡充))
2012(平成24)年度『自然エネルギーの普及モデル構築等委託業務』長野県
2011(平成23)年度『新しい公共の場づくりのためのモデル事業』長野県
2012(平成24)年度『新しい公共の場づくりのためのモデル事業』長野県

発注者:長野県
2011(平成23)年度『地域主導型再生可能エネルギー事業化検討業務』長野県
2012(平成24)年度『地域主導型再生可能エネルギー事業化検討業務』長野県
2013(平成25)年度『地域主導型再生可能エネルギー事業化検討業務』長野県

地球環境基金(独立行政法人環境再生保全機構)助成金
2012(平成24)年度『市民・企業連携による「信州マイ・エネルギー基金」及び
「信州マイ・エネルギー選べる、つながるプロジェクト」のしくみの検証』地球環境基金
2016(平成28)年度『「信州自然エネルギー白書」の制作・発刊による地域に根ざした自然エネルギー利活用のための情報プラットフォームの構築』地球環境基金

発注者:おひさま進歩エネルギー(株)
2016-17年度 エネルギー自立地域を促進するための人材育成事業における
平成28年度『地域主導型自然エネルギー事業の促進業務』おひさま進歩エネルギー(株)

関連団体:
<一般社団法人自然エネルギー信州ネット(~2017:自然エネルギー信州パートナーズ>
発注者:長野県
2013-2014(平成25-26)年度
『信州自然エネルギーソーシャルビジネス・インキュベーション事業』長野県

一般社団法人場所文化フォーラム補助金
二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(地域における草の根活動支援事業)
『長野県北部中山間地における地域主導型薪エネルギー普及・活用を
促進するための地域と連携したイベント等の実施』長野県

発注者:資源エネルギー庁
2017(平成29)年度『新エネルギー等の導入促進のための広報等事業(地方公共団体を中心とした地域の再生可能エネルギー推進事業(太陽光発電))』資源エネルギー庁

●主な表彰実績

第1回信州協働大賞(長野県知事)2014年