設立趣旨と主な活動

エネルギーの地産地消の時代に向けて 市民参加型の自然エネルギービジネスモデルを構築します。

自然エネルギー信州ネットは、2011年7月31日に設立されました。 自然エネルギーの資源が豊富な長野県ならではの「自然エネルギー普及モデル」をつくることを目的に、市民個人、市民団体、地域企業、大学等と行政機関がつながった協働ネットワークです。

● 自然エネルギー信州ネットの「協働」のイメージ

sign

● 自然エネルギー信州ネットの役割と活動

1.「地域協議会」における自然エネルギー事業モデルの構築を支援します。

○自然エネルギーに関する情報の共有・情報提供

○自然エネルギー事業モデル構築に必要な学びの場の提供

○自然エネルギーに取り組む地域間支援、連携の促進、ネットワーク化

○自然エネルギー事業実施にあたっての技術的支援

○行政に対する施策・制度の提案、行政等との連携による財政的支援

2.全県における自然エネルギー普及のしくみを検討、導入します。

○長野県内の自然エネルギービジネスを支援する枠組みの構築 

○長野県のエネルギーの地産地消を促すビジネスモデル事業化支援 

  自然エネルギー信州ネットは、「地域協議会」と連携して、 長野県の各地域での資源と人材を活かした 市民参加型のビジネスモデルを構築し、持続可能な地域づくりを目指します。 自然エネルギーに関心のある個人・企業など、 どなたでも参加できるフラットでオープンなネットワークです。 ぜひいっしょに、長野県での自然エネルギーの地産地消を推進していきましょう。