バイオマス部会

薪のバイオマスエネルギーに注目し、現状の把握と課題お整理を進め、接続的に利用される仕組みを検討しています。

自然エネルギー信州ネット専門部会「バイオマス部会」運営方針

(平成24年2月2日)

1. 目的

 山紫水明の長野県は、バイオマスのエネルギーのポテンシャルの高い県である。化石燃料が主流になるまでは、近くの里山の雑木林が熱エネルギーとして利用されていたが、その利用はわずかとなった。

 しかし、近年、高性能なまきストーブやペレットストーブの普及と二酸化炭素の循環である木質エネルギーは見直されている。

 当部会は、木質エネルギーの価値を広め、持続的に利用される仕組みの確立を目指す。また、将来は、他のバイオマスエネルギーも取り上げる。

2. 活動目標

 当部会としては、まず、薪のバイオマスエネルギーに注目し、その持続的な普及拡大の手法を確立させる。普及にあたっての現状の把握、課題整理を進め、モデル的な普及事業を行う。

3. 部会組織

運営スタッフ  氏名 所属

部会長

田中 守氏 NPO 法人 みどりの市民

副部会長 

 

鈴木 純一氏 カラマツストーブ普及LLP
中山 安正氏 ー 
上小地域運営担当  松木 義信氏 グルーラムハウス株式会社

会計

中山 安正氏 ー 

4. 平成23 年度の活動内容

  • 県内で薪を扱う業者のリスト作成と情報提供

  • 薪の統一規格を作成するための情報収集

  • 基本的な薪利用方法(樹種やサイズなど)の資料作り

  • ペレット製造業者への供給先の問い合わせとペレットボイラー見学

5. 今後の会議等予定

12.26 運営委員会議
薪ステーション設置場所の選定
県内事例をまとめ
3 月に行われる環境省の説明会に向けた準備

6.バイオマス部会会員名簿(50音順)

(平成25年7月8日現在)

  氏名 団体名
1 青木 健 企業組合 労協ながの
2 青木 伸治  
3 市村 慶行 北信州バイオマス利活用研究会
4 内田 光一郎 モリス
5 及川 渡 飯綱高原自然エネルギー活用委員会
6 小澤 陽一 上伊那地域自然エネルギー普及協議会
7 小田切 隆一 小田切電設
8 小原 忠彦 オフィス小原
9 掛川 昌俊 グローバル環境・エネルギー研究所
10 金沢 敦志 長野市議会
11 金児 哲哉 木資源販売 株式会社
12 唐澤 直樹 伊那市役所
13 木平 英一 株式会社 ディーエルディー
14 佐藤 真紀 株式会社 和華
15 三瓶 愼一 慶応義塾大学 法学部 ドイツ語学、現代ドイツ論専攻
16 塩原 真貴 しおはら住宅デザイン設計
17 清水 馨 カラマツストーブ普及有限責任事業組合
18 進藤 伸二 新日本空調株式会社 技術開発研究所
19 鈴木 純一(副部会長) カラマツストーブ普及有限責任事業組合
20 鈴木 寛  
21 園田 真吾 都築木材株式会社
22 大洞 盛胤 信大自然環境診断マイスターしんリンク
23 高橋 隆治 NPO法人未来工房もちづき
24 武重 直  
25 田中 守(部会長)  
26 塚田 美知 新建新聞社 出版部
27 寺澤 茂通 上伊那森林組合
28 寺澤 昌之 株式会社 電創工房
29 中島 崇伸 NPO法人 日本木育協会
30 中野 昭彦 ストップ温暖化すわの会
31 中野 敏廣 ものづくり支援センターしもすわ
32 中野 安久 株式会社 林友
33 永山 博行  
34 奈良 松範 諏訪東京理科大学
35 南波 一郎 NPO八ヶ岳森林文化の会
36 西牧 研治 一般社団法人長野県農協地域開発機構
37 原山 政幸 企業組合 労協ながの
38 芳坂 榮一 一般社団法人長野県農協地域開発機構
39 穂苅 敦 株式会社 林友
40 松木 義信  
41 三ツ井 陽一郎  株式会社 ディーエルディー
42 森 治喜 愛知ボイラー株式会社
43 森下 英治 愛知学院大学
44 柳沢 茂秀 ワイズアカデミー(学習塾)
45 山口 長武 有限会社 ヤマショー
46 山口 長志 みどりの会
47 山本 亜希子  
48 余頃 友康 NPO法人 フォレスト工房もくり
49 吉川 徹 NPO法人未来工房もちづき
50 吉田 周平 自然エネルギー東御地域協議会
51 和田 亨 地球環境フォーラムin長野
52 綿谷 憲一 丸子・武石次世代産業創出研究会