エネットまつもと 11/7(土)、体験型環境プログラム「46億年・地球の道〜未来への道を見つけよう〜in 四賀・錦織(にしごり)」を共催で開催

親子で楽しく体験&学習!頭でなく体で感じる!
体験型環境プログラム    
46億年・地球の道〜未来への道を見つけよう〜in 四賀・錦織(にしごり)

◎開催概要 ※「四賀にきましょ」イベントと同時開催
●日時:
2020年11月7日(土)
・午前の部 10:00-12:00
・午後の部 13:30-15:30
●場所:四賀の里「錦織」(松本市赤怒田535-1)
●講師:NPO法人C・C・C富良野自然塾
●対象:小学生以上のどなたでも ※小学生は、保護者同伴
●服装・持ち物
歩きやすい服装・靴・帽子、雨具、水筒、マスク着用をお願いします。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、マスク着用の徹底など参加者およびスタッフの健康と安全を優先した様々な予防対策の実施、密集・密接を避けるための工夫を行って開催しました。
◎主催:四賀地区地域づくり協議会(里活プロジェクト)
◎共催:自然エネルギー信州ネット・自然エネルギーネットまつもと
◎後援:松本市

「富良野自然塾」のインストラクター小川嘉昌さんを招いて、11月7日(土)の午前と午後の2回で開催しました。
 ちょっと心配な天気でしたが、雨に影響されることなく無事に実施できました。参加者は、四賀地区のご家族をはじめ中信地区の広い範囲から、多くのみなさんに参加いただきました。
受付での検温、消毒、マスクの着用等、参加者およびスタッフの健康と安全を優先した様々な感染拡大予防対策の実施、密集・密接を避けるための工夫を行って開催しました。

12

 最初の20分ほどは、特設テントにて、直径1mの地球型バルーンを使って、地球の基本構造や人為的な原因による温暖化と環境破壊の話を実に分かりやすく、そして楽しく説明いただきました。特に、大気の層の厚みや太陽や月との距離、大切な真水の絶対量の話など、1mの地球を使うことで実体験的に体感することができました。

3456

 後半はいよいよ、地球誕生46億年の歩みを460mの道を歩きながら学習。シンプルな体験学習でしたが想像以上に、分かりやすく、小川さんの関西弁ギャグ混じりの解説が楽しく、子どもたちも興味津々「わーそうなんだ」の連続で、あっという間の460mでした。

789101112

 ゴール地点、のこり10mでやっと登場の恐竜時代、残り数センチでの人類誕生。46億年かけて育まれてきた地球の多様性の大切さと、ものすごく短い時間軸で環境を破壊している人間の愚行がとてもよく理解できたプログラムでした。

1314

 小川さんが最後に、参加者のみなさんに持って帰ってもらいたいメッセージとして掲示された「地球は子孫からかりているもの(だから、子孫が困らないように、きちんとした状態で受け渡さなくてはいけない)」は、まさに、自然エネルギーネットまつもとの設立主旨でもあります。

1516

 最後は、振り返りとして、自然エネルギー信州ネットの浅輪さん、平島さん(エネット代表)から、CO2を貯めている森とその土壌の大切さをパネルを使った解説を聞いた後、今日の感想と「自分たちがこの奇跡の星・地球を守るためにできること」を考えてもらい、アンケート用紙に記入してもらいました。

17181920

とにかく、午前も午後も参加したみなさんは、満足感で目を輝かせながら帰って行った印象です。

21

(文・写真 渡辺 勉)